商品紹介

間伐材を使って環境に優しい素材のサウナ小屋を建てる「サウナゴヤ」

  • サウナ
  • 小屋
間伐材を使って環境に優しい素材のサウナ小屋を建てる「サウナゴヤ」 idetox オンラインショップ

はじめに

大好きなサウナが自宅に作れて、環境にもいい効果を与えるサウナをご存知ですか?

そんな一石二鳥のサウナを作っているのが愛知県と岐阜県に拠点を構える「サウナゴヤ」さん。手がけているのは日本の山の杉の"間伐材"を使用したサウナ小屋「SAUNAGOYA」です。

間伐材とは

大きな木を育てるためには、充分な光が木の根元まで届くことが重要です。そのため、人工林などでは木の成長に合わせて一定の間隔で木を切っていきます。このときに切った木を「間伐材」といいます。

定期的に木を切っていくことで、森の奥まで十分に光が届くようになり、より大きな木ができたり、地面の草が十分に育ち、動物たちが暮らす環境が整えられるのです。また大きな木に育てることは大雨による洪水や土砂崩れなど、災害のリスクを減らす効果もあります。

間伐材を使って環境に優しいサウナ小屋を

「サウナゴヤ」代表の溝口さんは、人が木を使わなくなったことで、山の資源が育たなくなってしまったことを悔いていたそうです。間伐材を有効に使うことで、森が豊かになるのを手助けすることができます。そこで生まれたのが、間伐材を使って作ったサウナ小屋というわけです。

また、「サウナゴヤ」さんでは1棟の購入につき100本の苗木相当が「緑の募金」に寄付されています。山や森など日本の環境への意識の高さが伺えますね。

SAUNAGOYAのここがすごい

もちろん環境にいいばかりではありません。快適なサウナが楽しめる造りにもこだわりがあります。

  • 安心・安全な国産素材を使った国内製造品
  • 特許技術の中空加工された壁材で高い断熱性
  • ロウリュによる湿気はもちろん熱による木の膨張にもびくともしない屈強な設計

日本の山を育てるにはもっと人の手が必要

日本の森や山を育て、動物や植物が豊かに暮らすためにはもっと人の手が必要だと言われています。近年は、日本で使われている木材の多くが輸入がメイン。そのため山や森では荒れて鬱蒼とした光景を目にすることがよくあります。

憧れのプライベートサウナを建てることができ、日本の環境問題にも取り組むことができるSAUNAGOYA。興味のある方はぜひホームページをご覧ください。

SAUNAGOYAさんのホームページはこちら