事業者向け

お気軽にお問い合わせください

idetoxでは事業者向け情報の他にも豊富な品ぞろえで事業用サウナを多数取り扱っております。

サウナ導入時の電気設備の注意と定期点検

作成日:
更新日:
サウナ導入時の電気設備の注意と定期点検

はじめに

事業用サウナを運営する場合、浴槽のポンプやチラー類、空調はもちろん、サウナストーブでも多くの電力が必要になります。

サウナストーブをガスや油、また薪を利用して代替する方法もありますが、エネルギー価格が上昇するリスクや、施工コストが上がってしまうリスクもありますね。

そこで今回は電気ストーブを用いた事業用サウナを導入するにあたって、電気設備で注意しておくことをいくつかご紹介していきます。

 

サウナ導入時に電気設備で注意する4つの事項

大きく電気設備関係で注意する点は以下の4つです。

  • 電源容量(電圧)
  • 電気回路
  • 配線
  • その他

一般的に求められる条件をそれぞれ解説していきます。

※具体的な内容は管轄する市町村などで異なりますのでご注意ください。

 

電圧

サウナでは大量の熱が必要になるため、電気ストーブを使う場合には基本的に200V以上の電圧が必要です。

100V電圧ではかなりストーブの種類が限られる上、よほど狭いサウナ室でなければ高温環境を作りにくくなってしまいますので注意しましょう。

また導入予定のストーブを含め、全体の電力を見ながら電気契約を選んでいきましょう。

 

電気回路

サウナストーブの電源はコンセントを使用するのではなく、単独のブレーカーを分電盤内に増設し、そこから直接つなげる場合が一般的です。

またこの場合、漏電対策として、漏電電流を検知する装置を設ける必要があります。

ブレーカーの位置やそこからサウナまでの距離、またこれらの工事が発生する点には注意しておきましょう。

 

配線

サウナ内部を通る配線は高温下での動作に耐えうるものを使用する必要があります。

例えば、一般的に耐熱温度が150℃前後しかない「ケイ素ゴム絶縁の編組電線」は、サウナストーブ付近ではリスクが高いため、コンクリートやモルタルなどで1cm以上埋設するか、金属管工事を行うことが求められます。

一方で耐熱温度が1,200℃を超える「M1ケーブル」は埋設などの工事等は必要なくそのまま利用が可能です。ただし、価格が高いというデメリットもあります。

既製品のサウナの場合には、ここまで考慮した配線を提供されることもありますが、オリジナルのサウナを作ったりする場合には気をつけておきましょう。

 

その他

他にも細かい注意点がいくつかあります。

まず、電気ストーブにファンがついているものを使用する場合には、ファン停止の際に熱源の電源を遮断することができる装置が必要になります。

また、照明やストーブの導入時には法規に基づいて施工されるため問題になることは少ないですが、あとから様々な機器を導入する場合があります。

このときアース線をしっかり施し、漏電・感電対策をしたり、水場や温度が高い位置に機器を持ち込まないよう注意しましょう。

最後に停電時に事故や機器の破損が起きることを防ぐために、無停電電源装置を備えたり、非常灯を設置する等の事項を忘れないようにしておきましょう。

 

点検

電気サウナを設置したあと、事故を防止したり災害時に備えるためにも日常的な点検が必要です。

ここでは日本サウナ・スパ協会で定めている指針をいくつか抜粋して紹介していきます。

 

毎日の点検

  • 起動・停止のスイッチの作動
  • 温度調節機能の作動
  • 設定に沿った能力がストーブから出ているか
  • ストーブの周りに可燃物がないか

 

月1回の点検

  • ストーブ運転時の電流値の確認
  • ストーブおよび電路の絶縁抵抗値の確認
  • 漏電遮断器の動作確認

 

年1回の点検

  • ストーブの構造の点検

 

 

idetoxでは豊富な品ぞろえで事業用サウナを取り扱っております。

サウナの導入に関してお悩みでしたら、「お問い合わせページ」か「お電話(092-407-7887)」よりお気軽にご相談くださいませ。

 

 

サウナにハマり「サウナ・スパ 健康アドバイザー」や「サウナ・スパ プロフェッショナル」「サウナ・スパ 健康士」の資格を取得。 サウナの利用は週に1回程度のミドルユーザーです。主に記事の執筆を担当しています。

SNSをフォローしていただくと、サウナに関する情報を随時お届けいたします。

RECOMMEND BOX SAUNA