コラム

【いつでも手軽に楽しめる】屋内サウナのメリット・デメリット

  • サウナ
  • デメリット
  • メリット
  • 屋内サウナ
  • 自宅サウナ
  • 買う
【いつでも手軽に楽しめる】屋内サウナのメリット・デメリット idetox オンラインショップ

はじめに

【いつでも手軽に楽しめる】屋内サウナのメリット・デメリット

サウナ好きのサウナーが「自宅にサウナがほしい」と思って最初に思いつくのは屋内サウナではないでしょうか。

屋内サウナは家の中の部屋をまるごとサウナ室にする場合もありますが、多くは浴室スペースや脱衣スペースに設置する小型のサウナです。

 

今回はそんな家の中に設置する小型のサウナ室のメリットやデメリットについて解説していきます。

 

屋内サウナのメリット

【いつでも手軽に楽しめる】屋内サウナのメリット・デメリット

  • 設置が簡単
  • 準備やメンテナンスが簡単
  • 長寿命
  • 天候を気にせず使える
  • 人目を気にせず使える

意外に思われる方も多いかもしれませんが、屋内サウナの設置は比較的簡単です。家の中には電気や水道管がすでにつながっていますので、工事も想像されているよりずいぶん簡単に済むと思います。中には家庭用の100Vコンセントにつなぐだけで使えるような屋内サウナもあります。つまり外枠と一緒に電気ストーブや遠赤外線ストーブを設置するだけなのです。

 

また室内にあるので、掃除機をかけたり拭き掃除をしたりといったメンテナンスも簡単に行えますね。外に設置するタイプの屋外サウナだと雨風にさらされるので、外側に撥水加工を定期的に行ったり、水が室内に入るような隙間や穴を確認して補修する必要があります。しかし屋内サウナはそもそもそれらのメンテナンスが必要ありません。

またサウナ室を温める準備などの手間もかかりません。極寒の冬にわざわざ外に行ってサウナ小屋を温めに行く作業などは必要ないのです。雨風にさらされる心配もないので、テントサウナなどに比べて比較的寿命が長い点もメリットの1つです。

 

最後に時間や天気を気にせず、いつでも使えるのも大きな長所です。雨や風が強いときでも問題なくサウナに入れます。また人目が気になる住宅地などでは庭に屋外サウナやテントサウナを設置すると、サウナを利用しているところや出入りしているところを見られる可能性もあります。しかし屋内サウナだと昼夜問わず気軽に使用することができるのです。

 

屋内サウナのデメリット

  • 屋内にスペースが必要
  • 本格的なサウナは高い
  • やや窮屈
  • 特別感がなくなる

屋内サウナの最大の短所は家の中のスペースを大きく使ってしまうことです。

購入される屋内サウナの種類にもよりますが、コンパクトなものでもだいたい冷蔵庫3~4台分ほどの広さ(面積)が必要になります。また家の天井の高さが低いと設置できる屋内サウナが制限されることもあります。当然一度設置すると簡単に動かしたり片付けたりすることはできません。

 

また価格もそこそこ高いです。遠赤外線などのコンパクトな屋内サウナであれば数十万円で購入できるものもありますが、施設で利用しているような本格的なサウナを求めているなら、100万円~300万円ほどの初期費用が最低でも必要になります。ある程度お金に余裕がないとなかなか手が出ない金額ですね。

 

 

テントサウナほどではありませんが、屋内用家庭サウナはやや小さくて狭いものが多いです。そのためサウナ施設で楽しんでいるときのような開放感はありません。窮屈な環境が苦手な方は、すぐにサウナから出たくなってしまうかもしれませんね。

 

家の中にサウナを設置すると、サウナを利用する特別感がなくなるといった意見もあります。サウナを「頑張った自分へのご褒美」として利用しているなら、屋内に設置するのは危険かもしれません。サウナの利用は多くの時間を使うものです。家の中でスマホを触ったり、ゴロゴロしたりする時間が好きな人は、身近すぎる場所にサウナがあると、かえって利用しなくなるかもしれません。

 

屋内サウナの購入を検討した方がいい人

屋内サウナの購入を検討した方がいい人

  • 手軽にサウナを楽しみたい人
  • 家の中に屋内サウナを置けるスペースがある人
  • 住宅地など人目が付きやすいところに自宅がある人
  • ある程度の購入資金がある人

idetoxで販売中の屋内サウナはこちらから↓