コラム

本場のフィンランドで使われる「サウナ」のことわざ一覧

  • STEP3
  • ことわざ
  • サウナコラム
  • 知る
本場のフィンランドで使われる「サウナ」のことわざ一覧

はじめに

サウナの本場フィンランド。

そんな本場だからこそ、「サウナ」に関することわざや慣用句というのが多く存在しています。

今回は雑学として、そんなフィンランドで伝わるサウナに関する「ことわざ」をいくつか紹介していきます。中には英語のほうが意味が伝わりやすいものもありますので、英語表記も併せて紹介しています。

フィンランド人がサウナを愛してやまないこと、またサウナの神格化具合も伝わってきますよ。

 

サウナのことわざ

「サウナ=健康、美肌」を表現したことわざ

”サウナは貧乏人の薬局です”

サウナには多くの健康効果があることを昔からフィンランド人は知っていたんですね。

このことわざから「サウナ=貧乏人のもの」というニュアンスも感じられますが、おそらく「誰でも利用している」ということを表現したかったのだと思います。このことは後述することわざでも表現されています。

英語:A sauna is the poor man's pharmacy.

※サウナの健康効果について詳しくはコチラ↓

サウナは1,000年以上にも渡って、体を健康的にしたり、儀式に使ったりする目的で人類に利用されてきました。 長らく一部の人が使うものだったサウナですが、健康志向が高まっている現在、サウナは再び注目され、元気に長生きするための手段として多くの人に利用されています。 同時に、サウナの健康効果などの情報が様々なメディアで取り扱われるようになりました。 そこでここではサウナの「健康効果」・「美肌効果」・「影響」の3つの視点でまとめています。

 

”酒、タバコ、そしてサウナが役に立たない場合、その病気は致命的(不治の病)です”

今回紹介することわざの中でも、フィンランド人に馴染みの深い、有名なことわざのようです。

先程のことわざと同じようにサウナは病気を治すものという意味ですが、少し強い表現ですね。

酒やタバコでごまかすことができず、サウナに入っても治らないような病気はヤバいですよってことですね。それほどフィンランド人はサウナの健康効果に絶大な信頼を寄せていたんでしょう。

英語:If a sauna, whiskey and tar do not help, the disease is fatal.

フィンランド語:Jos ei viina, terva ja sauna auta, niin tauti on.

 

”女性は、サウナ入浴の1時間後が最も美しい”

実際サウナには肌のアンチエイジング効果や、ターンオーバーを整える効果、またニキビや湿疹等の肌トラブルのリスクを下げる効果があります。

英語:A sauna makes a woman most beautiful one hour after the bath.

※サウナの美肌効果について詳しくはコチラ↓

サウナは、ストレス解消、ダイエット、新陳代謝の促進、腰痛など痛みの軽減など、さまざまな健康効果があります。しかし、忘れてはいけないサウナの効果の1つが"美肌効果です。今回はサウナで得られる美肌効果や肌トラブル別のおすすめサウナを解説していきます。

 

「サウナ=神聖な場所」を表現したことわざ

”神聖な場所は2つあります。教会とサウナです”

サウナは教会(日本で言う神社やお寺)と同格の存在として、フィンランドでは扱われていたようですね。

英語:Two places are holy: church and sauna.

 

”サウナでは、教会と同じように行動しなければなりません”

誰でも使うサウナだからこそ、その行動・マナーには重きを置いていたんだと思います。

日本人のお風呂(温泉)に対する意識を考えてみても、比べ物にならないほどフィンランドではサウナは厳正な場所だったのかもしれません。

英語:In the sauna, one must conduct oneself as one would in church.

 

”すべてのサウナには独自の魂があります”

あえて「独自の(own)」という表現が入っているところがミソですね。

サウナはどこでも同じではなく、1つ1つそれぞれに異なる神聖さがあるということを表現したのだと思います。

英語:Every sauna has its own soul.

 

「サウナ=当たり前の存在」を表現したことわざ

”サウナのない家は自宅ではありません”

これは英語表現のほうが意味が伝わりやすいです。サウナのない家は「home」ではないということです。

同じような意味合いのことわざに「最初にサウナを建て、次に家を建てます(First build the sauna, then the house.)」ということわざも存在します。

 英語:A house without a sauna is not a home.

 

”サウナに入らない人は、魂のない体のようなものです”

「え!?お前サウナに入らないの!?」というのを皮肉った言い方ですね(笑)。

英語:A person without sauna is like a body without a soul.

 

”すべての人は平等に作られていますが、サウナほど平等な場所はありません”

王様も農民も僧侶もサウナの中ではみんなが平等であることが表されていますね。その時代の偉い人が言った名言として残っているなら、なお格好良かったんですけどね。

英語:All people are created equal, but nowhere more so than in a sauna.

 

 

”ヴィヒタのないサウナは、塩のない食事のようなものです”

最後に、日本ではあまり浸透していないヴィヒタ(ヴァスタ)に関することわざです。

ヴィヒタは白樺の枝葉を束ねたもので、サウナの中で体を叩く道具として使っていきます。ヴィヒタを使うことで体の汚れを落としたり、白樺の香りを漂わせることができます。

 英語:A sauna without a vihta is like a meal without salt.

※ヴィヒタについて詳しくはコチラ↓

サウナの本場、フィンランドではサウナの中で"ヴィヒタ(vihta)"と呼ばれる葉っぱを体に打ち付けて体をリラックスさせる伝統的な方法があります。今回はこのヴィヒタを使ったリラックスの方法や効果について解説していきます。

 

※参考

https://www.inspirationalstories.com/proverbs/t/about-sauna/

https://finlandiafoundation.org/talking-about-sauna/