コラム

  • ホーム
  • コラム
  • 【サウナレビュー】サウナシュラン1位の「スパメッツァおおたか」に行ってみた

【サウナレビュー】サウナシュラン1位の「スパメッツァおおたか」に行ってみた

  • サウナ施設
  • レビュー
【サウナレビュー】サウナシュラン1位の「スパメッツァおおたか」に行ってみた

はじめに

2022年にオープンし、同年のサウナシュランで1位を獲得した「スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯」。千葉県流山市の「流山おおたかの森駅」近くにある関東最大級の温泉施設です。

今回はこのスパメッツァおおたか 竜泉寺の湯」について、実際に行ってみた感想を簡単に書いていきたいと思います。

 

スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯とは

「竜泉寺の湯」はもともと100年以上前に名古屋で誕生し、愛知県の他にも関東や宮城などに複数店舗を展開している温泉施設。各温泉施設はスーパー銭湯ランキングやニフティ温泉ランキングでもたびたび上位にランクインしている超優良チェーンです。

そんな竜泉寺の湯が2022年に千葉県流山市にオープンしたのが「スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯」。

 

 

15種類のおふろ・3種類のサウナ、6種類の岩盤浴に加え、コワーキングスペースや書籍・コミックがあるラウンジ、また「ビームス(BEAMS)」やサウナ—専門ブランド「TTNE」などとのコラボレーションアイテムなど魅力満載な施設。

さらに2022年のニフティの「食事がおいしいスーパー銭湯ランキング」でも1位となるほど「サ飯」にも力が入っています。

 

なんといっても注目なのが5台のサウナストーブが使われている「ドラゴンサウナ」。毎時0分には5台一斉に開始されるメッツァ名物『ドラゴンロウリュ』は圧巻です。

 

基本情報

名前  スパメッツァおおたか 竜泉寺の湯
住所

〒270-0128

千葉県流山市おおたかの森西一丁目15番1

営業時間 入浴朝6:00〜深夜2:00(最終受付/深夜1:30)

岩盤浴朝6:00〜深夜1:30(最終受付 深夜0:30)
サウナ 共用サウナ(3種類)
サウナの種類

・ドライサウナ

・塩サウナ

ロウリュ ◯(オートロウリュ式とセルフロウリュ式)
水風呂

◯(男性3種類、女性2種類)

・深さの異なる2つの水風呂

・シングル温度の水風呂(男性のみ)

ととのいスペース ◯(露天エリア)

基本料金(大人)

平日:1,100円

土日祝:1,280円(3時間)

土日祝:1,480円(フリータイム)

※岩盤浴、特定日は別途料金

-

※2022年12月時点

 

サウナレビュー

ドラゴンサウナ

まずはストーブ5基を備えた注目の「ドラゴンサウナ」です。

収容人数は9人掛け4列で36人でした。

 

毎時0分に行われるオートロウリュのタイミングで、ブルースリー主演燃えよドラゴンのテーマソングとともに5つのIKIストーブの上のライトが点灯し、「さぁくるぞ」という雰囲気を出してくれます。

そして同時にアロマ水を噴出し"圧倒的熱波"が噴出されました。この圧倒的熱波により室内は瞬く間に"アツアツ"に。

実際満席の状態から1/3の12人ほどが、「あついあつい」といいながら早々に退散していきました。(このレビューを読んで実際に行ってみる方も無理は禁物ですよ!)

一瞬でこれだけ体感温度を上昇させることはマンパワーによるロウリュやアウフグースでは到底実現できないレベルです。「ドラゴン」の冠が付いている理由が本当によく分かりました。

 

サウナから出ると、出口付近には体を洗い流せるシャワー(通称「きよめの滝」)があります。

普通の高さのシャワーと違い、3m近い高さから水が流れてきて、まさに滝のようでした。修行僧を思い浮かべるような水しぶきで汗の洗い流しを実現してくれます。

 

そこから近くにある水風呂は16℃水風呂と8℃水風呂の究極の2択。その時のセット数、体調にあわせて心ゆくまで水風呂を楽しめます。

 

medi sauna

露天エリアに出ると、ポップなネオン管で装飾されたSAUNAの文字が飾ってあるところがあります。ここにセルフロウリュ式のサウナ(medi sauna)がありました。

 

まず入る前に、初めての方でも安心して使えるようなマニュアルが記載されていて◎。そこには『マナーを守れない人はサウナー失格』との注意書きもありました(笑)。改めて公衆浴であることを頭に入れつつ突入します。

 

中に入ると四人掛けの2段シートがあり、小屋をイメージするようなデザイン。ホームページにあるように瞑想にはピッタリの空間だと感じました。

 

ロウリュ水は日替わりのアロマ水が楽しめるようです。

この日はミントのアロマ。実際、入り口の二重扉の1段階目ですぐにミントの香りを感じ取れるほど充満していました。ビィヒタも飾られており期待値は高まります。

実際にロウリュしてみると、柄杓にはストーンへ均等にアロマ水をかけられるよう、細かい工夫も。三杯のアロマ水をかけた後に、砂時計を回転してセットし次のターンにバトンを繋ぎます。

一定のルールを皆が守ることで、初心者でも安心してロウリュウサービスを体験できますよ。

 

出口付近には深さ150cmの水風呂、体と頭を洗い流した状態であれば潜水も可能でした。滝壺に沈んでいく浮遊感を体験できます。どうやら炭でろ過しているようなので綺麗な水風呂を保っていましたよ。

 

潤いソルトサウナ

最後に塩サウナである「潤いソルトサウナ」へ。

中に入るとアロマの香りが漂う空間で、皆がこぞって塩を体に、泥パックを顔に塗りつけていました。

メンズの美意識の高さを感じ取れる時間でした。

 

室内の温度は高くありませんが、スチームによって発汗を促すことができ、香りによって心地よく過ごすことができました。

 

出口付近には「ととのい洗浄シャワー」。

椅子(ベッド)の間に洗い流し専用のシャワーがあるので、清潔に椅子を使用できます。

 

さいごに

今回はサウナのレビューを中心に行ってきましたが、施設にはたくさんの種類のお風呂やコワーキングスペースなんかもあって、半日なんてあっという間に過ごせる規模でした。

それでいてサウナーでも大満足できる3つのサウナで文句の付け所がないサウナ施設でした。

関東周辺にお住まいの方はもちろん、遠方の方も1度は訪れてほしいサウナの1つですよ。