コラム

  • ホーム
  • コラム
  • 【北海道旅行で行きたい】北海道でバレルサウナが楽しめるおすすめ施設5選

【北海道旅行で行きたい】北海道でバレルサウナが楽しめるおすすめ施設5選

  • おすすめ施設
  • グランピング
  • サウナ施設
  • バレルサウナ
  • 北海道
【北海道旅行で行きたい】北海道でバレルサウナが楽しめるおすすめ施設5選 idetox オンラインショップ

はじめに

疲労を回復したりリフレッシュしたり、肌の状態を整えることができる「サウナ」。

近年、男女問わず人気を集めているサウナですが、せっかくサウナを楽しみたいなら、公衆温泉のサウナではない、非日常が味わえるサウナで究極のととのい体験してみたいですよね。

そんな方におすすめなのが「バレルサウナ」です。

今回は北海道でバレルサウナが楽しめるおすすめの施設を5つ紹介していきます。

 

バレルサウナとは

まず「バレルサウナ」について簡単に解説していきます。

バレルサウナとはバレル(樽)型に作られたサウナ小屋のことをいいます。

ほとんどのバレルサウナは樽を横に倒した円筒のもので、ときどき角丸の四角いタイプのものや縦型バレルサウナなんかもあります。

 

このバレルサウナのメリットの1つは部屋の温度が均一になりやすい点があります。

一般的なサウナの場合、熱い空気や蒸気が天井付近にたまり、部屋の下の方は少し低温になってしまいますね。

しかしバレルサウナは円筒形のため、上に押し上げられた熱気が壁に跳ね返りやすい構造をしているのです。

結果的に部屋全体で温度のムラが少なくなり、全身が熱気に包まれた発汗しやすい状態になるのです。

 ※バレルサウナについてもっと詳しく知りたい方はこちら↓

屋外サウナの1つで、独創的でおしゃれな樽型のデザインが特徴の「バレルサウナ」。 日本でもグランピング施設などで見かけることも増えてきましたね。 このバレルサウナは形の独創性だけでなく、構造やメンテナンス性など一般的なサウナ小屋とは異なる特性があります。 今回はそんなバレルサウナの特徴やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

 

北海道のおすすめ施設5選

①札幌グランピング ヴィラ・カルタ(北海道札幌市)

小樽に近い札幌市西区の高台にあるグランピング施設。

フィンランドから取り寄せた木材を使用した大型バレルサウナを併設しており、雄大な自然を望み、木の香りに包まれながら快適に汗をかくことが可能。

火照った体は専用のジェット付きジャグジーで冷やし、快適なととのい体験をすることができます。

https://villa-carta.com/

 

②グランパレット函館(北海道 函館市)

函館市の中心部に位置するこちらのホテル。

数種類あるお部屋のうち、「グランスイート1」でのみバレルサウナをたのしむことができます。

函館のグルメを楽しみながらバレルサウナ付きのホテルに泊まることができ、存分に函館旅行を満喫することができますね。

https://granpalette.com/

 

③Koti Private SAUNA Cottage(北海道上川郡)

旭川市に近い上川郡に位置するコテージ。

木の香りに包まれる本格バレルサウナはもちろん、洞窟型のアースバッグサウナやコヤサウナも楽しめるサウナ好きにはイチオシのサウナ施設です。

宿泊者以外のサウナだけの利用も可能です。

https://koti-toma.com/

 

④マナミキャビン(北海道阿寒郡)

北欧風の平屋建ての簡易宿泊施設「マナミキャビン」に2021年2月ロシア製バレルサウナが新設。

100℃を超える温度にもできる薪ストーブとキンキンに冷えた地下水の水風呂で、宿泊者限定のプライベートな空間で究極のととのい体験をしてみませんか?

https://manamicabin.com/

 

⑤十勝まきばの家(北海道中川郡)

帯広に近い中川郡池田町にある宿泊施設。

もともとワイン樽として使われていたものを再利用して作られた3棟のバレルサウナ。

ダークでシックな色合いに趣を感じながら、じっくり汗をかいて体を熟成することができます。

水風呂にもワイン樽を使用しており、サウナ利用後には十勝ワインを飲みながらゆったり過ごすことができます。

 

https://makibanoie.com/