コラム

冷え性を改善するサウナの効果と治らない冷え性の種類

  • STEP2
  • サウナ
  • 健康
  • 冷え症
  • 知る
  • 自律神経
冷え性を改善するサウナの効果と治らない冷え性の種類 idetox オンラインショップ

はじめに

冷え性を改善するサウナの効果と治らない冷え性の種類

冬はもちろん、夏のエアコンでも多くの人が悩む「冷え性」。

この記事を読んでいるということは、おそらく、日常的に手足の冷えに悩んでいることでしょう。

 

もちろん、冷え性ではない人でも時々手足が冷たくなる可能性はあります。特に気温が下がると、体は命を守るために内蔵などの体の中心部に熱やエネルギーを溜めるようになります。そのため末端である手足は冷えやすくなるのです。

ただ、冷え性の人は手足の冷えが他の人よりひどかったり、命に危険が及ぶようなサバイバル環境にいるわけではないのに、手足の冷えが頻繁に起こったりしてしまいます。

 

冷え性によって仕事や日常生活に支障が出たり、ストレスが溜まったりしたくありませんよね。

そんな冷え性を改善する方法の1つとして「サウナ」があります。

今回はそんなサウナの冷え性を解消する効果や、サウナだけでは改善しない冷え性の種類についてご紹介します。

 

冷え性の原因

そもそもどうして他の人より手足が冷えやすくなるのでしょうか。

冷え性は基本的に手や足に血流や栄養が不足することによって引き起こされます

「心臓クリニック藤沢六会」や「むらかみ内科クリニック」によると、これには大きく4つの理由があると述べられています。

①酸素や栄養の不足

貧血や水分不足など、一部の栄養素が不足しているときなどは、酸素や栄養をきちんと手足の末端まで届けられなくなり、冷え性となることがあります。

②自律神経の乱れ

自律神経のバランスが崩れ、交感神経系が優位になると、体が常にサバイバル中のような興奮状態になり、体の中心部にばかり熱やエネルギーを蓄えようとしてしまいます。結果的に末端である手足はいつも後回しにされて冷えてしまうのです。

③心臓の機能低下

心臓から送り出される血液の量が不足していくと、脳や臓器などへの血流が優先されるようになり、末端である手足は冷えるようになります。

④薬の影響

薬の影響で血管が細くなり、血液が末端に行き渡りにくくなることで冷え性になります。特に生理痛などを抑えようと痛み止め(鎮痛剤)を多用していると、慢性的に冷え性になりやすくなります。

 

冷え性になると起こる症状

冷え性を改善するサウナの効果と治らない冷え性の種類

冷え性の原因の1つである血流不足が起こると体の健康に様々な悪影響が出てきます。

具体的には主に次のような症状が起こるとされています。もしこれらの症状が今なくても、将来的に発症してしまうかもしれません。

  • 腫れ、むくみ
  • 爪が弱くなる
  • 抜け毛が増える
  • 狭心症(一瞬、胸が締め付けられるような感覚になる)
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 精神的なもやもやが続く
  • 疲労を感じやすくなる

 

冷え性を改善するサウナの効果

「サウナ」に定期的に入ることで、辛い手足の冷えを改善したり、主な原因になる「自律神経のバランスの崩れ」や「心臓機能の低下」を解消して冷え性になりにくい体にすることができます。

 

①血液を循環させて酸素や栄養を行き渡らせる

サウナでは高温な熱気によって体が温められます。

体が温められると血管が拡張し、血液が流れやすくなります。さらに心拍数が上昇することで血液が体の隅々までいきわたります。

すると冷え性の人が不足していた酸素や栄養が、手足の末端まで届き、冷えが改善されるようになります。

 

実際、サウナの本場フィンランドを始め、世界中で行われているいくつかのサウナの研究論文では次のように述べられています。『サウナでは皮膚の血流は通常時よりも5%~10%増加し、1分あたりに心臓から出る血液の排出量は50%~70%増加し、それでいて内臓などの体の中心部への血流は減少する。』

 

しかし、この効果は長く続くわけではありません

1度サウナに入れば、冷え性を感じにくくはなりますが、しばらくするとまた手足が冷えてくる可能性があります。効果を継続したいときには定期的にサウナに入る必要があります

ただし定期的にサウナ入ることで、次の②③で説明する冷え性の根本的な原因を解消する可能性もあります。

 

②自律神経のバランスを整えて冷え性になりにくくする

冷え性の原因の1つに「自律神経のバランスの崩れ」があります。

「サウナ→水風呂→外気浴」のサウナのセッションを繰り返し行うことで、自律神経のバランスを整える効果もあり、冷え性の根本的な原因を解消する可能性があります。

 

自律神経は「交感神経系」と「副交感神経系」の2つからなっており、このバランスが体の機能を上手にコントロールしています。

サウナや水風呂では「交感神経系」を、外気浴では「副交感神経系」を鍛えることができるので、結果的にサウナを繰り返し利用することで、両方を強くしてバランスを取りやすくしてくれるのです。

すると「自律神経のバランスの崩れ」からくる冷え性を発症にしにくくなり、冷え性になりにくい体にすることができるようになります。

 

③心臓機能の低下を改善して冷え性になりにくくする

サウナに定期的に入ることで心臓機能の低下を抑制し、心臓病などのリスクを下げる効果が期待されています

 

東フィンランド大学でサウナの研究をしているラウッカネン氏らの20年間に及ぶ研究では、サウナに定期的に入っている人は血圧などが正常値に近い人が多く、心筋梗塞や心臓発作などの心臓病になる割合が少ないことが報告されています。

サウナは中距離のランニングと同じくらいの効果を心臓に与えると言われており、それによって心臓を鍛え直して強い心臓にしてくれる可能性が指摘されています。

結果的にサウナは、心臓を強くすることで冷え性の根本的な原因の1つである「心臓機能の低下」を抑制し、冷え性になりにくい体にしてくれる効果が期待できるのです。

  

冷え性の改善をサウナだけに頼るのは危険

冷え性を改善するサウナの効果と治らない冷え性の種類

サウナは体の末端まで栄養を運びやすくして、手足の冷えを改善してくれます。また自律神経や心臓を鍛えて「冷え性になりにくい体」にする効果が期待できます。

しかし上述した通り、冷え性の根本的な原因はそれだけではありません。

そもそもあなたの冷え性が、鉄分やナトリウムなどの栄養素が体に不足していたり、鎮痛剤などの副作用によって引き起こされている可能性もあります。

これらが原因の場合、サウナに入っても根本的な解決にはなりません。

 

サウナに定期的に入っていても冷え性の改善が体感できないときには、遠慮なくかかりつけの医師に相談するようにしてください。

↓他にもたくさんあるサウナの健康効果や影響についてはこちら

サウナは1,000年以上にも渡って、体を健康的にしたり、儀式に使ったりする目的で人類に利用されてきました。 長らく一部の人が使うものだったサウナですが、健康志向が高まっている現在、サウナは再び注目され、元気に長生きするための手段として多くの人に利用されています。 同時に、サウナの健康効果などの情報が様々なメディアで取り扱われるようになりました。 そこでここではサウナの「健康効果」・「美肌効果」・「影響」の3つの視点でまとめています。

 

参考:

http://www.murakaminaika096.com/all/health/2114/

https://heartmutsuai.clinic/blog/?p=219

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2359619/

https://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/article-abstract/2130724

https://academic.oup.com/eurjpc/article/25/2/130/5926065

https://europepmc.org/article/med/3218896

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/5337808/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/13444884/

こちらもおすすめの記事