コラム

  • ホーム
  • コラム
  • サウナで本当に痩せる?消費カロリーと基礎代謝への影響を徹底解説!

サウナで本当に痩せる?消費カロリーと基礎代謝への影響を徹底解説!

作成日:
更新日:
ダイエットやシェイプアップに役立つサウナの科学的な効果 idetox オンラインショップ

はじめに

サウナに入ると大量の汗をかきますよね。汗をたくさんかけば痩せそうな気がしますが、実際のところサウナで本当に痩せることができるのでしょうか?

この記事では、サウナでの消費カロリーと基礎代謝への影響を科学的な研究に基づいて徹底的に解説します。サウナダイエットの真相を探っていきましょう!

 

サウナで本当に痩せるのか?

ダイエットやシェイプアップに役立つサウナの科学的な効果

結論から言うと、サウナだけでガンガン痩せることは難しいようです。その理由は以下の2つです。

  • サウナでの消費カロリーは意外と少ない
  • サウナ後に痩せているのは汗の水分

それぞれ具体的に解説していきます。

 

サウナでの消費カロリーは意外と少ない

サウナに入ると汗をたくさんかくので、多くのカロリーを消費しているように感じますよね。しかし、実際に消費されるカロリーはそこまで多くありません。

アメリカのミズーリ大学の研究によると、平均体重90kgの男性が10分間のサウナで消費するカロリーは約73kcalだったそうです。

一方「ke!san」さんで、10分間のランニングで消費されるカロリーを計算すると約150kcal。

つまり、サウナの消費カロリーは10分間ランニングで消費されるカロリーの『半分以下』なのです。

 

サウナ後に痩せているのは汗の水分がほとんど

サウナに入った後、体重計に乗ると、入る前と比べて体重が0.5~1kg程度減っていることがよくありますよね。これはサウナで痩せたからだと思いきや、実は汗として流れ出た水分がほとんどなのです。

ハーバードメディカルスクールの研究では、サウナで平均約500mlの水分を発汗するとされています。このことからも、サウナで減った体重のほとんどは、水分損失によるものとわかります。

サウナ後は、失われた水分を飲料水で補給する必要があります。 したがって、たとえサウナ後に体重計の数値が下がったとしても、脱水症状による悪影響を避けるために、ほぼ同じ重さの水分を補給する必要があり、結果的に体重は変わらなくなります。

 

サウナが基礎代謝に与える影響

ダイエットやシェイプアップに役立つサウナの科学的な効果

サウナは消費カロリーをガンガン増やすことはできませんが、基礎代謝を上げて、ダイエットにつながるような効果があるのでしょうか?

こちらも、以下の理由により残念ながらあまりダイエットに繋がるような効果は(現在までに)確認されていないようです。

  • 基礎代謝上昇の効果は限定的
  • 基礎代謝の増加は一時的

それぞれ解説していきます。

 

サウナで基礎代謝は上がるが効果は限定的

サウナに入ると体温が上昇し、それに伴って基礎代謝も上がります。

アメリカ医師会のJAMA networkに掲載されている研究によると

体温は 1℃上昇するごとに、基礎代謝量は約 5~10% 上昇する

とされています 。

100℃のサウナに15~30分入ると、最大で体温が約1.5℃上昇し、基礎代謝は約25%増加すると言われています。これは、ダイエットに効果がありそうに感じますよね。

しかし、30~49歳の平均的な男性の場合、サウナによって増加する基礎代謝量を計算すると10分間でわずか約2.5kcalです。

つまり、サウナによる基礎代謝の増加はごくわずかなのです。

 

サウナによる基礎代謝の増加は一時的

サウナで基礎代謝が上がるのは、体温が上昇している間だけです。サウナから出て体温が元に戻ると、基礎代謝も平常時のレベルに下がってしまいます。

つまり、サウナによる基礎代謝の増加は一時的なもので、長期的なダイエット効果は期待しにくいということになります。

 

サウナでダイエット効果を最大限に引き出す3つのポイント

ダイエットやシェイプアップに役立つサウナの科学的な効果

サウナだけでは痩せにくいことがわかりました。しかし、適切な方法で活用すればダイエットの効果を高めることができます。

ここでは、サウナを利用してダイエット効果を最大限に引き出す方法と注意点を3つ紹介します。

 

運動と組み合わせてダイエット効果を上げる

サウナは、運動と組み合わせることでより高いダイエット効果が期待できます。運動で消費カロリーを増やし、サウナで代謝を上げることで脂肪燃焼を促進するのです。

また運動後のサウナは、筋肉の疲労回復や柔軟性の向上にも役立ちます

ただし、運動直後はクールダウンを十分に行い、体調を見ながらサウナに入るようにしましょう。

  

定期的なサウナ利用で太りにくい身体づくり

ストレスは、体重増加の原因になることがあります。

ストレスを感じると、体内ではコルチゾールやアドレナリンといったストレスホルモンが分泌されます。これらのホルモンによって、食欲の増進、脂肪の蓄積、基礎代謝の低下、睡眠の質の低下など、さまざまな経路で体重増加につながる可能性があります。

サウナは、リラックス効果によってストレスを緩和し、これらの問題を改善することが期待できます。また、サウナで発汗することで、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が減少するとの研究結果もあります。

定期的にサウナを利用することで、ストレスを解消し、結果的に太りにくい身体づくりに役立つでしょう。週に3回以上、1回15~30分程度のサウナ利用がおすすめです。

 

水分補給を忘れずに

サウナでたくさん汗をかくと、体内の水分が失われます。脱水状態になると、代謝が低下したり疲労感が増したりするため、ダイエット効果が減少してしまいます

「サウナ後に水を飲んだら体重が増えてしまう」と思われるかもしれませんが、サウナ後は脱水状態を防ぐために十分な水分補給が重要です。

サウナ前後の水分補給には、電解質が含まれたスポーツドリンクやミネラルウォーターがおすすめです。単に水を飲むだけでなく、汗で失われたミネラルも一緒に補給することが大切です。

  

まとめ:サウナはダイエットの補助として活用しよう

サウナは、消費カロリーを大幅に増やすことはできませんが、基礎代謝の向上や脂肪燃焼の促進など、ダイエットに役立つ効果が期待できます。また、筋肉の維持、脂肪のつきにくい体質作り、ストレス解消など、他の健康面でもサウナは有用です。

ただし、サウナだけでガンガン痩せることは難しいのが現実です。サウナは、あくまでダイエットの補助として活用し、運動や食事管理と組み合わせることが大切でしょう。

定期的なサウナ利用と適切な水分補給を心がけ、無理のない範囲でサウナをダイエットに取り入れてみてください。サウナが、あなたの健康的なボディメイクをサポートしてくれるはずです。

他にもたくさんあるサウナの効果については『【サウナの効果 総まとめ】計25項目の効果と影響をサウナプロ資格保持者が解説』を、

またサウナの入り方については『【サウナの入り方講座】サウナ・スパプロフェッショナルが教えるポイントを押さえた入り方とマナー』ご覧ください。

 

◯参考

※1:発熱における基礎代謝(jamanetwork.com)

※2:熱ストレスによる後肢非加重ラットの骨格筋萎縮 |応用生理学ジャーナル (physiology.org)

※3:全身温熱療法は糖尿病マウスの肥満誘発性インスリン抵抗性を改善します-PubMed (nih.gov)

※4:若い座りがちで太りすぎの男性におけるドライサウナの4 x 10分間の繰り返し使用、生理学的パラメーター、人体測定的特徴、および体組成の間の相関:健康への影響 (hindawi.com)

 

サウナにハマり「サウナ・スパ 健康アドバイザー」や「サウナ・スパ プロフェッショナル」「サウナ・スパ 健康士」の資格を取得。 サウナの利用は週に1回程度のミドルユーザーです。主に記事の執筆を担当しています。

SNSをフォローしていただくと、サウナに関する情報を随時お届けいたします。

こちらもおすすめの記事

RECOMMEND BOX SAUNA