コラム

  • ホーム
  • コラム
  • サウナは何セットがベストなのか?サウナビギナーの方向けに基本知識を徹底解説

サウナは何セットがベストなのか?サウナビギナーの方向けに基本知識を徹底解説

  • STEP1
  • サウナコラム
  • 知る
サウナは何セットがベストなのか?サウナビギナーの方向けに基本知識を徹底解説 idetox オンラインショップ

はじめに

はじめに

皆様はサウナに入る際に何か意識していることはありますか?

サウナは、入り方や時間を意識することで多くの体のメリットをもたらしてくれる最高なツールの1つと言えます。

ただ、その入り方や時間は意識することなく「熱くてしんどくなったら出よう」「自分よりも前からサウナにいたあの人よりは長く入ろう」など、サウナに入る明確な時間や目的を決めていない方も多いと思います。

 

この記事で伝えたいことは、上手なサウナの入り方で「新陳代謝アップ」「自律神経を整える」など健康面に嬉しい効果や、「美肌」「ダイエット」など、女性にも嬉しい効果を高めることが期待できるということです。

 

では、具体的にはどんなサウナの入り方がベストなのか。

本記事ではそんな疑問を持っていただいた方に向けて、サウナの入り方・流れの基本を徹底解説していきます。

 

サウナの入り方・流れの基本

サウナの入り方・流れの基本

入り方の基本

まず、サウナに入る前に確認しておくべき事項が5点あります。

  • 必ず水分を摂ってからサウナに入る
  • 空腹状態は避けて利用する(食後1〜2時間がベスト)
  • サウナ室内にはタオルを1枚持っていく
  • 食後すぐ・飲酒後のサウナの利用は控える
  • 体調が良くない時はサウナの利用を控える

      以上の事項は体の安全のためにも必ず守りましょう。

       

      サウナに入る前には体・髪を洗って清潔な状態にして全身の水滴もしっかり拭き取りましょう

      体を清潔にすることで、毛穴が広がりやすくなり全身の水滴を拭き取ると汗が出やすくなります。そうすることで、体の中の老廃物や毒素を排出しやすくなり美肌効果など、サウナを利用することで得られる効果を高めることができます。

      以上の準備をきちんと整えて、サウナに入りるとなお良いです。

       

      流れの基本

      サウナの流れの基本については、サウナ→水風呂→外気浴で1セットとなります。

      この流れをこなす際には以下の3ポイントに注意してください。

      • サウナでは大量に汗をかきますので、水風呂前は必ず汗を流してから入るようにしましょう(注意書きに従いましょう)。
      • サウナ・水風呂は、体を極限状態に持っていくので少しでも熱いと感じたらすぐに出ましょう。無理は禁物です。
      • サウナの1セット中の行動はきちんと守りましょう。このサウナ→水風呂→外気浴で1セットの流れを守ることで、サウナ効果をより高めることができます。(各セット間の入浴や体を洗うなどの行動は含みません)。

          以上がサウナの入り方・流れの基本となります。

           

          ここからは、「流れはわかったけど、その流れは何セットこなすのがベストなの?」「サウナや水風呂、外気浴にはどれくらい時間をかけたらいいの?」

          といった疑問を解消するために解説していきます。

           

          ベストなセット数は?

          結論からお伝えすると、サウナになれていない方が行う場合は2セットが目安で、なれている人であれば3~4セットがベストです。

           

          1セットこなすだけでも十分効果は得られますが、2セット目に入ると心地よさが圧倒的に変わります

          1セット目では冷たくて辛かった水風呂も、2セット目には「むしろ気持ちいい」と感じることが多いです。

           

          また、このサウナの醍醐味と言える「外気浴」についてですが、極度の暑さや冷たさから解放された後のリラックス効果は絶大です。

          こちらもセット数をこなすことで、より深いリラックス状態に持っていくことができます。

           

          サウナになれていない人でも、この倍増した心地よさを感じるために、まずは2セットをこなしてみることをおすすめします。

          そして、慣れてきたら3〜4セットこなすことで、ベストなサウナ効果を実感することができます。

           

          それぞれに何分入るのがベストか

          サウナ

          サウナになれていない方は、まずは5分程度から始めてみましょう。

          慣れてきたら、6~12分程度の時間がベストと言われています。ただし、少しでも辛さを感じたら体を守るためにも、がまんすることなくサウナから出ましょう。

           

          サウナ室内の座る場所選びですが、入口から遠く高い位置に座るほど温度は高くなります。その反対に、入り口から近く低い位置ですと温度は低くなります。

          高温の場所では、疲労回復や肩こり腰痛などに効果的で、温度が低い場所では安眠効果やリラックス効果を高めることができるといわれています。

          すぐに熱さで辛くなってしまう方は、まずは入り口付近の低い位置の場所を選んでみてください。

           

          水風呂

          水風呂の目安時間は30〜60秒程度で、少しでも辛いと感じたら出るようにしましょう。

          水風呂に入るコツとしては、一気に水の中に浸からずにゆっくりと落ち着いて肩まで入ると、意外と入れたりします。

          暑いサウナでボーッとしていた頭も、水風呂に入ることでシャキッとします。また、暑いサウナと冷たい水風呂を交互に入ることで、血行促進に効果的です。

           ↓水風呂が苦手な方はこちらをご覧ください。

          水風呂に入らなくても楽しめるサウナ入浴法を紹介している。サウナで十分に体を温める、お風呂くらいの温度のお湯で軽く体を流す。息を吐きながら入る、我慢できるところまで水風呂に浸かるなど。

           

           

          外気浴

          外気浴の目安時間は5~10分程度ですが、気持ちよさが持続する限りは好きなだけ時間をとってもいいのではないのでしょうか。

          外気浴中の時間は、サウナの暑さ・水風呂の冷たさから解放されて“副交感神経”が優位に働きます。

           

          水風呂から出た後に外気浴をするとすぐに体が冷えてしまうのでは?と感じる方もいると思いますが、意外なことに体はポカポカしていてしばらくはリラックスした状態を維持することができます。

          このリラックス状態に入ると頭がフワーっとして、体の中の血流がジワジワと流れる感覚を感じることができます。まさに至福の時間ともいえる瞬間です。

          これがサウナでととのえる「ディープリラックス」に入っている時間であり、ゆっくりと深呼吸することで疲れた心身にも安らぎを与えることができます。

          ↓サウナの入り方のまとめはこちら

          サウナマスターになるためのポイントを紹介している。水分補給はミネラルウォーター、汗や汚れを洗い流す。サウナ室にはさっと出入りする、大きな声で話さないなど。

           

          まとめ

          ここまでで、「サウナは何セットこなすのがベストなのか」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

          サウナ→水風呂→外気浴という流れをきちんと守って、ベストなセット数とベストな時間でこなすことで体を“ととのえる”ことができ、疲労回復やリラックス効果など、心身ともに回復させることができます。

          「この効果を実感してみたい!」と少しでも感じた方は、ぜひサウナで体をととのえてみて下さい。

           

          idetoxでは、自宅でいつでもサウナを楽しめる家庭用サウナや、アウトドアシーンで気軽に楽しめるテント型サウナを販売しております。
          idetox公式通販はコチラ