コラム

【水風呂キライ】水風呂なしでも効果を最大化するサウナの入り方~克服方法も紹介~

  • サウナ
  • メリット
  • 入らない
  • 入り方
  • 効果
  • 水風呂
【水風呂キライ】水風呂なしでも効果を最大化するサウナの入り方~克服方法も紹介~ idetox オンラインショップ

サウナは好きだけど水風呂はきらい

水風呂に入らなくても楽しめる!サウナ入浴法

サウナの後の水風呂はとても体に刺激が強く、あまり得意じゃない方も多いのではないでしょうか。実際、サウナメディア『SISU』によるアンケート調査によると、6割以上の人が水風呂に入らないそうです。(https://kimoty.com/ )

それにサウナ後の水風呂は血圧が急激に変化するため、心臓への負担も大きいです。血圧が正常でない人にはかえって危険が伴います。

しかし水風呂は必ず入らなければいけないわけではありません。水風呂に入らなくても十分にサウナの効果を得ることができます

 

水風呂はマストではない

サウナと水風呂は必ずしもセットではありません。サウナの本場フィンランドを始め、アメリカなどでも水風呂がないサウナ施設は多く、フィンランド人でもサウナと水風呂を往復する温冷交互浴をしないこともあるそうです。

そもそもサウナは健康効果を高める運動や修行のようなものではなく、休憩(リラックス)するために利用されていたものです。水風呂に入らなくても、サウナ自体でリラックスや発汗などの効果は十分に得ることができます。

 

水風呂に入らない場合のサウナの入り方

水風呂に入らなくても楽しめる!サウナ入浴法

では水風呂に入らないとき、サウナにはどう入ったら良いのでしょうか?

水風呂が苦手な人のための入り方は次のとおりです。

  • サウナに入る前に十分に水分補給をし、先に体を洗い流します
  • サウナで体を温めます
  • サウナを出て、冷ためのシャワーをかけて汗を流します
  • 水など冷たい飲み物を飲んで内側から体を冷やします
  • 体をよく拭いて外気浴をしてリラックスします
  • 汗が止まったり、体温が完全にもとに戻ったら再びサウナに入ります
  • これを繰り返します

 

大事なことは、サウナ後に汗がとまるまで体を冷やすことです。

そのためシャワーと水分補給で体の外側と内側の両方から体を冷やすと効果的です。シャワーは足だけにかけるだけでも全然違いますよ。また、冷たいシャワーが苦手な方はぬるめのシャワーでも問題ありません。ただし、再び汗が出てくるような温度は避けるようにしてください。

これで水風呂に入らなくても、心と体を十分にリラックスできるサウナ体験ができますよ。

 

水風呂を克服する5つのポイント

水風呂は確かにしんどいですし、入るにはなかなか勇気がいります。しかしサウナと水風呂を交互に入る温冷交互浴は、血圧を安定させたり、自律神経系を整えるといった健康効果もあります。

そこでここからは「水風呂が苦手だけど、がんばって入ってみたい」という方向けのポイントをご紹介します。

 

①サウナで十分に体を温める

まずはサウナで十分に体を体温を上げて火照らせましょう。体が温まっていないときほど水風呂は冷たくて不快に感じてしまいます。

 

②お風呂くらいの温度のお湯で軽く体を流す

いきなり水風呂の水で掛け水できればいいですが、なかなかそうもいきませんよね。

そんなときは少し熱いお風呂ぐらいの温度、約40℃くらいのシャワーでさっと汗を流してから入ってみましょう。先に温かいお湯で体の表面をカバーすることで、水風呂に入りやすくなります。

 

③息を吐きながら入る

水風呂に入るときには冷たくて息を止めがちですが、息を吐きながら入って方が体が冷たさを感じにくくなります

息を吐くと横隔膜が上がって、心臓に帰ってくる血液が減ります。それによって水風呂で冷やされた血液が体の芯を冷やすのを軽減することができるのです。

 

④我慢できるところまで水風呂に浸かる

いきなり全身を水風呂に入れることができなければ、足だけや下半身だけの半身浴をやるのがおすすめです。

 

⑤水の流れが少ないところでジッとする

人が行き来する出入り口の近くや、水が出てくる蛇口の近くでは水流によって体が必要以上に冷やされてしまいます。あらかじめ水の流れが少ないスポットを見つけて入ってみてください。

また水風呂でジッとしていると体の表面に、薄い水の膜(羽衣)ができます。この膜は体が冷たく感じない温度になっていて、水風呂に慣れやすくしてくれます。

冷たいからと体を動かしたりすると膜がなくなってしまいますので、できるだけ動かないように注意してください。

 ↓水風呂の詳しい入り方はこちら

サウナと水風呂の正しい入り方とその効果を紹介している。水風呂に入ることで自律神経が安定し、リラックスが出来る状態になる。血行が促進されることで、シミやしわの改善も期待されるという。

 

自分にあったサウナ体験を

サウナ後の水風呂は確かにいくつかの健康効果があり、サウナと一緒に推奨されています。しかし、サウナの本来の目的はリラックスです。自分がリラックスできないのであれば、無理をして水風呂に入る必要はありません。ぜひ自分にあったやり方でサウナを楽しみましょう。

↓サウナの入り方のまとめはこちら

サウナマスターになるためのポイントを紹介している。水分補給はミネラルウォーター、汗や汚れを洗い流す。サウナ室にはさっと出入りする、大きな声で話さないなど。