コラム

【整うための入り方】水風呂の正しい入り方とその効果について詳しく解説

  • STEP1
  • ととのう
  • スマホ
  • デジタルデトックス
  • 入り方
  • 効果
  • 水風呂
  • 知る
【整うための入り方】水風呂の正しい入り方とその効果について詳しく解説 idetox オンラインショップ

はじめに

最近は、サウナ好きという芸能人も多くなり、テレビでもよく取り上げられているサウナ。

サウナでの楽しみ方はたくさんありますが、その中でもよく耳にする「ととのう」という状態について紹介していきます。

実際にサウナに行っても、今自分は「ととのう」という状態にいるのか分からないという方もいるかと思います。

そんな整うためには水風呂の入り方が1つの重要なキーになります。

今回は「ととのう」について、また整うための水風呂の入り方について解説していきます。

 

サウナで「ととのう」とは何なのか

ととのうとは、サウナ後に水風呂に入ることで自律神経が安定し、リラックスが出来る状態の事です。

サウナに入ることで、身体は高温になり交感神経が優位になって頭が興奮状態になります。

その後水風呂に入ることで、副交感神経が優位になり、身体はさらにリラックス状態となります。

頭は興奮状態のままで身体がリラックスすると、日常では味わえない極限感覚を味わうことができます

このなんとも言えないリラックス感覚が癖になり、サウナからの水風呂・外気浴に夢中になって通い始める人も多いようです。

 

前述しました通り、水風呂後の外気浴休憩中にととのう感覚になる人が多いようです。

水風呂に入ると血管が収縮し、上がる際には血管が拡張するため、一時的に脳血管への血液が減少します。

そのため、個人差もありますが人によってはめまいが起きることがあります。

中には、めまいをととのうと勘違いしている人もいるようですので、クラクラっとめまいが起きたらすぐその場に座り、水分補給をとるようにしてください。無理をしますと転倒の危険性があります。

 

サウナと水風呂の正しい入り方

サウナと水風呂の正しい入り方

サウナと水風呂で重要なことは入浴時間と温度です。

また、他の方に迷惑にならないように最低限のマナーも知っておく必要があります。

 

サウナに入る前はシャワーを浴びます。

お風呂や温泉に行くときと同じように、最初にシャワーを浴びて身体の汚れを落とします。

 

その後、サウナに入ります。

サウナ室内の上部席は、直接熱い空気が来るためとても高温になります。

サウナに慣れていない方は下部席やドアの近くに座ったほうが適度に楽しむことができます

 

また、サウナに入る時間は10分程度が一つの目安となります。

これ以上長く入っていると、心臓や血圧への影響や脱水症状など身体への負担がかかってきてしまいます。

10分というのもあくまで12分時計の1周目安程度ですので、慣れていない方はもっと時間を短く利用してみてください。

 

サウナ後はまずシャワーや桶で綺麗に汗を流します。

熱くなった身体で、そのまま水風呂に入りたいという欲求もあるかと思いますが、ここはグッと我慢してください。

まずはサウナでたくさん出た汗をしっかり流しましょう。

水風呂の近くに設置してある桶を使用して流すのもおすすめです。

シャワーを使用すると、身体が少しだけ冷めた状態になり、水風呂に入ったときの気持ちよさが半減してしまいます。

そのため水風呂の水を桶に汲んで身体の汗を流す方がおすすめです。

 

水風呂に入る際は足先からゆっくり入ります。

いきなり入ってしまうとヒートショック(心臓麻痺や失神)になってしまう危険性があります。心臓から遠い部分からゆっくり入ってください。

水風呂に座ることが出来たら、身体は動かさずにじっとしましょう

じっとしていることで身体の周りに「羽衣」と言われる膜ができ、だんだんと冷たさが和らいでいきます

また、動いてしまうとせっかくまとった「羽衣」が壊れますので、水風呂は静かに入ることを推奨します。

水風呂に入っている時間は長くても2~3分程度です。

慣れていない方は無理をしないようにしてください。

肩まで入ることができなくても足だけ、そして腰と段階的に調整してみましょう。足先だけでも十分に冷んやりと冷却効果を楽しめます。

 

水風呂後はゆっくりと外気浴休憩を行いましょう。

休憩では10~15分程度を目安に身体を休めます。

近くの椅子や湯船の周りで身体を休めながら外気浴をお楽しみください。

 

サウナと水風呂・外気浴の3セットを繰り返すことで、自律神経が安定します。

 

そのため「ととのう」感覚を休憩中に感じる方が圧倒的に多いようです。

ととのい中は、考え事なども消え無心状態でリラックスできます。

休憩後に水分を補給することも忘れないように心がけましょう。

 

サウナではたくさんの汗をかきますし、室内は乾燥しているので、身体の水分は思っている以上に不足しています。

水分もただの水ではなく、麦茶やポカリスエット、ミネラルウォーターなどをおすすめします。しっかりと水分補給をしながらサウナを楽しんでください。

このサウナ→水風呂→外気浴のセットを、慣れると3セットほど繰り返していくようになります。

 

水風呂入浴がもたらす健康効果

水風呂入浴がもたらす健康効果

血圧の改善

サウナに入ることで交感神経が刺激されて血圧が上がります。

そして、水風呂に入ることで副交感神経が刺激され血圧が下がります。

これを繰り返すことで、血圧が安定し少しずつ血圧が改善していきます

 

自律神経が安定する

上記で述べたようにサウナと水風呂ではそれぞれ、交感神経と副交感神経が刺激されます。

交感神経が強く刺激された後に副交感神経が優位になると、普段よりもリラックスできる状態になります。

自律神経が安定することで、心身共にリラックスすることが出来ます

 

免疫力を高める

サウナ後に水風呂に入ることで、身体は急激に冷えます。

そのため身体の中では温めようと血液の流れを早くする働きが行われます。

血液の中にはウイルスや細菌から身体を守る白血球が存在していますが

血液の流れを早くすることで、白血球も身体中に早く行き渡るため免疫力が高くなると言われています。

 

血行促進

サウナで身体が高温になると、身体は冷まそうと血管が拡張します。

その後水風呂に入ることにより次は身体を温めようとして血管が収縮します。

この温冷交換浴により、血液の流れが良くなり血行が改善されます

血行が悪いことによって生じる肩こりや腰痛、胃腸の機能低下が改善されていきます。

 

肌が引き締まる

水風呂に入ることで毛穴が引き締まり肌も引き締まります

また、上記で述べたように血行が促進されることによって、シミやしわの改善も期待されます。

サウナに入ることによって肌が乾燥するデメリットもありますが、毛穴の汚れが浮いて除去できるので、入浴後にしっかりと保湿ケアを行うことで美肌に近付けます。

多くの温浴施設では、17℃前後に水風呂を調整されていますが、シングルという10℃以下の水風呂も全国の施設には存在します。体が慣れてきたら、このような刺激的な水風呂にも挑戦してみてください。

 

まとめ

今回は「ととのう」について紹介していきました。

サウナ後の水風呂には「ととのう」以外にも、たくさんのメリットがあります。

これからも1人1人違った、それぞれの心地よいサウナライフを楽しんでください。

↓サウナのは入り方のまとめはこちら

サウナマスターになるためのポイントを紹介している。水分補給はミネラルウォーター、汗や汚れを洗い流す。サウナ室にはさっと出入りする、大きな声で話さないなど。