コラム

【サウナ初心者必見】サウナのメリット・デメリット3選

  • STEP1
  • サウナコラム
  • デメリット
  • メリット
  • 初心者
  • 効果
  • 影響
  • 知る
【サウナ初心者必見】サウナのメリット・デメリット3選 idetox オンラインショップ

はじめに

一昔前はサウナが好き=おじさんというイメージでしたが、今は若い方も多く見かけるようになってきました。

きれいなサウナ施設が増えていることや、デトックス効果があるなどでテレビや雑誌でもサウナについての情報が多く取り扱われていることも要因の1つと考えられます。

サウナに入ることのメリットはたくさんありますが、捉え方によってはデメリットも存在します

今回はサウナに入ることによる、メリットとデメリットを3つ厳選して紹介していきます。

※すべてのサウナの効果や影響を知りたい方はこちら⇩

サウナは1,000年以上にも渡って、体を健康的にしたり、儀式に使ったりする目的で人類に利用されてきました。 長らく一部の人が使うものだったサウナですが、健康志向が高まっている現在、サウナは再び注目され、元気に長生きするための手段として多くの人に利用されています。 同時に、サウナの健康効果などの情報が様々なメディアで取り扱われるようになりました。 そこでここではサウナの「健康効果」・「美肌効果」・「影響」の3つの視点でまとめています。

デメリットにつきましては対処方法も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

メリット

メリット

サウナに入ることのメリットは大きく分けて3つあります。

  • メリット①疲労回復・ストレス解消
  • メリット②美容効果
  • メリット③睡眠の質の向上

1つずつ詳しく解説していきます。

メリット①疲労回復・ストレス解消

体が高温になると、血管が拡張し、心拍数が高くなります。そして、血液の循環も良くなります。

血液の循環が良くなると、酸素や栄養が体の隅々まで行き渡るようになります。

酸素は疲労物質である乳酸を分解する働きがあり、体内の酸素が増えることによって疲労が回復されるのです。

さらには、血液の循環が良くなることで肩こりや腰痛の改善にも期待ができます。

 

また、サウナに入ることによって交感神経が優位になり、外気浴をすることによって副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になるとは、気持ちがとても落ち着いている、リラックスした状態になるということです。

つまりサウナ後や水風呂後に外気浴や休憩をすることで気持ちがとてもリラックスし、ストレス解消に繋がるのです。

※自律神経への効果について詳しくはこちら⇩

近年増えているという、自律神経の乱れによって起こる自律神経失調症。 発症すると、だるさ、倦怠感、口の中の不快感、めまい、肩こり、不整脈、血圧異常、消化不良など、様々な症状を感じる病気です。もしかしたらあなたが不調だと感じる症状も自律神経の乱れが原因になっているかもしれません。 そしてこの自律神経失調症を予防したり改善する方法の1つとして「サウナ」があります。 今回は自律神経について、またサウナの効果について詳しく解説していきます。

 

メリット②美容効果

サウナに入ることによって自律神経を整え、ストレスを解消することができます。そのためストレスによって起きる肌荒れを予防したり改善できると言われています。

 

またサウナに入り、肌の温度が38~40度になると、体内でヒートショックプロテインというタンパク質が増加します。

ヒートショックプロテインは、乾燥や紫外線、ストレスなどによるダメージから肌を守り、みずみずしい肌を保つ重要な役割をもつものです。

つまりサウナに入ることで、ダメージを受けにくい強い肌にすることができるのです。

 

さらにサウナでは大量の汗をかくため、皮脂や毛穴の汚れなどを輩出することができます。すると、ニキビを予防したり肌のくすみも解消し、美しい肌を保つことができるようになります

※サウナの美肌効果について詳しくはこちら⇩

サウナは、ストレス解消、ダイエット、新陳代謝の促進、腰痛など痛みの軽減など、さまざまな健康効果があります。しかし、忘れてはいけないサウナの効果の1つが"美肌効果"です。今回はサウナで得られる美肌効果や肌トラブル別のおすすめサウナを解説していきます。

 

メリット③睡眠の質向上

サウナの利用は、自宅の湯船に浸かるよりも深部体温を上昇させてくれます。そしてサウナから出ると上昇した体温が低下して元に戻ります。

この一度上昇した体温が低下することは、眠気を誘発することができます

そのためサウナに入った後はしっかりとした眠りに就きやすい状態になるのです。

 

また、サウナに入ると心拍数が上がり軽い運動をしているような状態になります

たくさん運動したあとって、ぐっすり眠りやすいですよね。

サウナに入ると適度な疲労感を体に与え、質の高い睡眠をとりやすくなるのです。

※睡眠の質を上げる理由や入り方について詳しくはこちら⇩

サウナで得られる良質な睡眠を、紹介している。水分補給をしっかりする、体と髪を洗う、温冷交代浴をする。サウナ独特の爽快感が味わえ、良質な睡眠をもたらしてくれるという。

 

デメリット

デメリット

サウナに入ることによるデメリットも3つあります。

  • デメリット①費用・時間がかかる
  • デメリット②体に負担がかかる
  • デメリット③ヒートショック

です。

それぞれに対処法も一緒に解説しています。

デメリット①費用・時間がかかる

サウナの効果を十分に得るためには定期的にサウナに入ることが重要です。

昔からある銭湯のサウナ施設だと1回500円程度で利用することが出来ますが、慣れない方にとっては少し勇気が必要です。広めのスーパー銭湯やスパ施設となりますと2,000円程度かかってきます。

地域や施設によって金額は変わってきますが、仮にサウナに週2回、1回2,000円で利用していると、月に約17,000円、年間で約200,000円も使うことになります。

 

また費用だけではなく、時間もかかります。

サウナ施設への移動時間や入浴時間を加味すると、1回のサウナで大体2時間近くの時間を使うことになります。仮に週に2回のサウナで2時間使ったら、年間で200時間以上を使うことになります。

サウナ自体の時間は別としても、移動や準備などの時間はもったいないですね。

 

費用・時間がかかることに対しての解決策は、やはり出来るだけ自宅の近くに比較的安いお気に入りのサウナ施設を見つけることです。そして究極は、自宅にサウナを作ってしまうという事です。

最近は家を建てる際にサウナを新調される方が増えています。すでに家を建ててしまったという方でも、後付けで比較的かんたんにサウナを作ることが出来ます。

自宅サウナを購入する初期費用は必要ですが、電気代などのランニングコストはわずかです。仮に100万円で自宅サウナを導入したとしても、上記の計算で1人で週に2回使うと約5年でもとが取れるはずです。もちろん家族と一緒に利用したり、サウナに入る頻度が増えれば、もとを取るまでの期間はもっと短くなり、お得に入れるようになります。

なにより自宅にサウナを作ることによって、今まで通っていた移動時間が無くなり、家族との時間が増えるなど時間の節約にもなります

サウナの効果を十分に得たい方やサウナが好きなサウナーの方はぜひ検討してみてください。

 

デメリット②体に負担がかかる

メリットの「メリット③睡眠の質向上」でお伝えした通り、サウナは軽い運動程度の負荷が体にかかります。そしてもちろん、サウナの頻度や時間が増えればその負荷はより大きくなります。

サウナに利用しすぎると体が疲れて仕事や日常生活に悪影響が出てしまうことも。

そのため、長時間のサウナの利用は避けて、無理のない頻度でサウナを利用するようにしましょう

 

また、サウナで大量の汗をかくことで、水分不足になり脱水症状を引き起こす恐れがあります

汗をかくと体から水分と同時に塩分も排出されるため、サウナ前後にはミネラルウォーターや塩分などの電解質を含む飲み物を300~500mlを目安に飲むようにしましょう

また、サウナ後にお酒を飲むことはとても気持ちがいいですが、サウナ前後のお酒、またコーヒーなどのカフェインが入った飲料を飲むのは控えましょう。

 

最後にサウナ内は100°前後の高温設定になっていることから、長時間の利用は熱中症を引き起こす恐れもあります

熱中症の症状には、めまいや頭痛、立ちくらみなどがあるため、もし同じような症状が出た場合は、涼しい場所でゆっくり休むか、症状が治らないようでしたら周りの人に助けを求めましょう。

 

デメリット③ヒートショック

サウナ後すぐに、冷えた水風呂に入ることによって体に急激な寒暖差が起こります。

サウナ中は、体が温まり血管が拡張し血流も良くなっています。その後、水風呂に入ることで血管が収縮し血流が悪くなって血圧が上がります。

このような急な変化では、体がついていけず心臓に負担がかかり不調になったり、重い症状だと脳梗塞や脳卒中になることも。(ヒートショック)

ヒートショックにならない為にできることは、まずサウナに長時間入らないようにすることです。目安としてサウナの利用時間は5~10分程度が良いです。

そして、水風呂にはいきなり入らないことも重要です。水風呂に入るときは、かけ湯を行うか、足先からと少しずつ体を慣らしながら入るように心がけましょう。

 

まとめ

サウナに入ることによるメリット・デメリットを紹介させていただきました。

注意しなければいけないところを押さえさえすれば、サウナにはメリットのほうがたくさんあります。

サウナに入ると体には良いことがたくさんありますので、きちんと理解したうえでこれからもサウナライフを楽しんでいきましょう。

↓そんなサウナの入り方について詳しくはこちら

サウナマスターになるためのポイントを紹介している。水分補給はミネラルウォーター、汗や汚れを洗い流す。サウナ室にはさっと出入りする、大きな声で話さないなど。