コラム

  • ホーム
  • コラム
  • ぐっすり眠りたいならサウナに行こう!理由と効果的な入り方を詳しく解説

ぐっすり眠りたいならサウナに行こう!理由と効果的な入り方を詳しく解説

  • STEP1
  • サウナ
  • 健康
  • 入り方
  • 効果
  • 眠気
  • 睡眠
  • 知る
ぐっすり眠りたいならサウナに行こう!理由と効果的な入り方を詳しく解説 idetox オンラインショップ

​はじめに

よく眠りたいならサウナに行こう!効果が高まる入り方

とあるアンケートによると、実に70%以上の方が自身の睡眠に満足していないということです。

寝付きが遅い、眠りが浅いなど、睡眠の質が低いと高血圧や糖尿病など様々な病気にかかりやすい体になってしまいます。毎日質の良い睡眠をして、たとえ短時間であっても疲れが完全に取れて、スッキリした目覚めをしたいですよね。

そんなときに試してほしいのがサウナです。

サウナは睡眠の質を上げたり、寝付きを早めるなど嬉しい効果がたくさんある手軽で健康的な方法です。

今回はサウナが睡眠に与える影響やおすすめの入り方をご紹介していきます。

サウナに入るとよく眠れる3つの理由

2019年にオーストラリアで行われた研究(※)では、サウナに入った80%以上の人が、入る前よりも睡眠の質が大幅に改善されたことが報告されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31126560/

ではサウナに入るとなぜ眠りの質が上がるのでしょうか。

理由は大きく3つあります。

 

​①心と体がリラックスするから

サウナに入ると体が温まり血行が良くなります。これにより顔や首、肩や腰などの筋肉の緊張をほぐして肉体的にリラックスさせるのです。

またサウナに入った後に水風呂やシャワーなどで体を急激に冷やすことでβ-エンドルフィンという脳内ホルモンが分泌されます。これは快感をもたらしたり、心身の苦痛を和らげる効果があるものです。

サウナに入ることでβ-エンドルフィンを分泌させ精神的にもリラックスすることができるのです。

 

②​エネルギーを使うから

中学生や高校生の頃の運動会の後や部活の後に、気絶するようにぐっすり眠ったことはありませんか?

人は日中の活動量が増えるほど睡眠物質が溜まり、しっかり眠れるようになります

もしあなたがデスクワークがメインの仕事をしていたり、自宅にいる時間が長いようであれば、活動量が少ないことが原因で睡眠の質が低いのかもしれません。

サウナでは発汗したり心拍数を上げることによって、体のエネルギーを消費します。そのため、サウナに入ると活動量が上がりぐっすり眠りやすい状態にすることができるのです。

 

③​脳や体を休息モードにしてくれるから

朝、昼、夜で人の体温は変わります。

基本的に活動する昼間ほど体温が上がり、睡眠する夜ほど体温が下がります。こうすることで効率のよく細胞を働かせることができるからです。

 

この体温の変化を逆に利用することで、自分の脳に睡眠の時間帯を教えることができます。つまりサウナによって体を冷やすことで眠りにつきやすくするのです。

「サウナは体を冷やす?温めるでしょ!」と思うかもしれません。

 

確かにサウナの中では体は急激に温められますね。しかしサウナから出ると、水風呂やシャワー、また外気浴によって温められた体が冷やされます。

一度上がった体温が下げることが、脳に「もうすぐ夜だから寝る準備をしましょう」と伝えることにつながるのです。結果的にサウナ後は、すぐに眠る準備が整えられ、寝付きが早くなるのです。

​睡眠の質を上げるサウナの種類

睡眠の質を上げるために、どんなサウナに入れば良いのでしょうか。

サウナにも一般的なドライサウナを始め、スチームサウナやミストサウナなど、沢山の種類がありますが、基本的にどのサウナでも体が温まるため、睡眠の質を上げる効果があります

高温なドライサウナが苦手な方は比較的温度が低いミストサウナなどを利用してもいいですよ。

 

ただ、強いて言うなら遠赤外線サウナが最も睡眠への効果が高いかもしれません。

遠赤外線サウナはアメリカでは健康のために利用する人が多い一般的なサウナの1つです。赤外線は体を温める効果が高く、睡眠ホルモンであるメラトニンを多く分泌することが報告されています。

あまり日本には多くないですが、もし近くに遠赤外線サウナがある人は一度利用してみてください。

 

​よく眠るための心得

よく眠りたいならサウナに行こう!効果が高まる入り方

十分にサウナセッションをこなす

なんとなくサウナに入って、水風呂に少し浸かって、休憩をしてもサウナの効果を十分に得ることはできません。

 

しっかりと体を温め、汗をかき、水風呂に入って血圧を上げていくことが良い睡眠につながります。

一般的なドライサウナの場合10分前後の時間が推奨されています

無理は禁物ですし個人差もありますが、体の芯から十分に温まるまでしっかりサウナで汗をかいていきましょう。

※サウナの入り方について詳しくはコチラ↓

サウナがブームとなっている昨今、 サウナを愛する「サウナー」が増えているだけでなく、様々なサウナ施設や雑誌の特集が増えてきています。そんなサウナですが、広く親しまれ始めた今だからこそ知ってほしいサウナの「入り方」ついて紹介していきます。また、サウナに慣れていない初心者の方向けの入り方とすでにサウナーになった上級者の方向けの次のステップをそれぞれ紹介していきます。

 

サウナは​睡眠の直前に

サウナから出て体温が下がったあとが一番眠りやすい状態です。サウナ後に活動してしまうと、逆に体温が上がってしまい、サウナの睡眠への効果が薄れてしまいます。

食事や家事などを一通り終わらせて、「あとは眠るだけ」ぐらいの状態になってからサウナに入りにいきましょう。

もちろん、サウナ後の眠る前にTVやPC、スマホを見るのは睡眠の質を下げる原因になりますよ
 

水分補給はサウナ前にしっかり、サウナ後には最低限

サウナでは多くの水分が失われるため、水分補給が必須です。

逆に利尿作用があるアルコールやカフェインなどはサウナ前に摂ってはいけません。汗などで失われる水分をカバーするためにしっかりと補給する必要があります。

ただし、サウナ後にたくさんの水分補給をして睡眠すると、夜中にトイレに行きたくて目が覚めたり、気になって眠りが浅くなったりする恐れがあります。

そのため基本的に水分補給はサウナの前にしっかりと行い、サウナ後には必要最低限だけ行うようにしましょう。

 

​他にもあるサウナの健康効果​

血圧を整える

サウナと水風呂の温冷交代浴を行うことで、通常時の血圧を正常値に近づける効果があります。

 

​自律神経を整える

温冷交代浴と外気浴を組み合わせることで、交感神経系と副交感神経系を交互に刺激させ、自律神経を鍛えることができるのです。自律神経が整えられればメンタルが安定して、ストレスが溜まりにくくもなりますよ。

 

​美肌効果

サウナで汗をかくと、古い角質が剥がされやすくなりターンオーバーを整えることができます。また皮脂腺を刺激することにより、顔などの皮脂量を整える効果もあります。

 

​痩せ体質になる

サウナでは代謝が上がるため、定期的な利用で脂肪を燃焼しやすくなります。つまり脂肪がつきにくい痩せ体質にすることができるのです。

 

※他にもたくさんあるサウナの効果や影響については知りたい方はコチラ↓

サウナは1,000年以上にも渡って、体を健康的にしたり、儀式に使ったりする目的で人類に利用されてきました。 長らく一部の人が使うものだったサウナですが、健康志向が高まっている現在、サウナは再び注目され、元気に長生きするための手段として多くの人に利用されています。 同時に、サウナの健康効果などの情報が様々なメディアで取り扱われるようになりました。 そこでここではサウナの「健康効果」・「美肌効果」・「影響」の3つの視点でまとめています。

サウナに入って気持ちのいい朝を迎えよう

よく眠りたいならサウナに行こう!効果が高まる入り方

夜寝る前にサウナに行くことで、睡眠の質を上げて気持ちのいい朝を迎えることができます。またサウナには睡眠の質を上げるだけでなく、さまざまな健康効果を得ることができます。定期的にサウナに行くことで、ストレスが解消され、仕事や日々の生活の質を上げることにつながります。

これまでサウナに馴染みがなかった方はぜひこの機会にサウナに行ってみてはいかがですか?