コラム

朝サウナで新しい日常をスタート!メリットや効果的な入り方をご紹介します

作成日:
更新日:
【朝ならではの効果】仕事前にサウナに入るメリットと効果的な入り方 idetox オンラインショップ

はじめに

サウナに行って心身ともにリフレッシュしたくても夜はなかなか時間がなかったり、人気のサウナに行っても人が多すぎてくつろげなかったりしますよね。

そんなときにおすすめなのが”朝サウナ”です。

今回は朝だから得られるサウナの効果やメリットを中心に解説していきます。

 

朝サウナで得られる3つのメリット・効果

朝ならではの効果が!?仕事前にひとっサウナ行こう

「サウナはお風呂と一緒に夜に利用するものじゃないの?」

と疑問に感じているかもしれません。

確かにサウナは夜寝る前にお風呂と一緒に利用するのが一般的で、たくさんの健康効果が報告されています。

しかし、近年日本では朝サウナについての研究がでてきているほど、朝にサウナを利用する人が増えています。

その具体的な効果・メリットは次の通りです。

 

集中力をブースト

朝にサウナに入ることで、その日1日の集中力を上げることができます。

少し詳しく解説すると、サウナに入ることでストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」が適度に生成されます。それによって目が覚めたり、注意力が上がったりして、朝から仕事や家事の生産性を上げることができます。

 

心の安定、リラックス効果

朝にサウナに入ることで、その日1日をリラックスして過ごすことができます。

千葉大学で助教をされているイ スミン氏らの研究(※1)では朝にミストサウナを利用した人は、それ以外の人に比べて昼間の心拍数が少なく、また脳のα波が多いことが報告されています。

つまり朝サウナを行う人は昼間に落ち着いた状態で生活ができているのです。

仕事でついイライラしてしまう人はぜひ朝サウナがおすすめです。

※1:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25388947/

 

考える時間ができる

朝にサウナに入ることで、1日のスケジュールや考えを整理する時間ができます。

朝にサウナを利用することで、前日に達成したことや、難しい問題や課題などをゆっくりと瞑想する時間になります。

1人でゆっくり考える時間が作れると、その日の仕事の生産性が上がりやすくなります

これはサウナを利用している人数が少ない朝だからこそできるメリットと言えますね。

 

気をつけたい朝サウナのデメリット

朝サウナには良いことばかりではありません。1つ大きなデメリットがあります。

それが「眠くなる」というデメリットです。

 

サウナや水風呂での体温変化、また疲れなどによって、サウナに入ったあとには眠気が襲ってきます。そのため以降では眠くなるというデメリットを出来るだけ緩和するサウナの種類や入り方について解説していきます。

 

朝サウナに適したサウナの種類

朝サウナに適したサウナの種類

朝にしっかりサウナに入ると、エネルギーを使いすぎて昼間に眠くなってしまうというデメリットがあるため、朝には身体への負担の少ないサウナの種類が望ましいです。

 

具体的には「ミストサウナ」や「スチームサウナ」が朝サウナに適しています。

 

高温ドライサウナやフィンランド式サウナは温度が高く、短時間でも身体への負担が大きいという特徴があります。これらは夜に入って睡眠の質の向上につなげていきましょう。

赤外線系のサウナは、身体への負担が少なく理想的に見えます。しかし遠赤外線サウナでは、睡眠を促すメラトニンが多く生成されるという研究報告がされています。そのため朝にはあまり適していません。

ただし、これらのサウナでもしっかりと時間を管理することで、昼間の眠気を抑えることもできます。

 

朝サウナの入り方と注意点

サウナの基本的な利用方法は朝でも夜でも変わりません。

しかし朝起きたばかりの体は非常にデリケートです。夜にサウナを利用するときよりもしっかりと準備をしてから利用する必要があります。

 

準備1:サウナ利用は起きて1時間以上の時間をあける

目が覚めても体は動く準備が完全にはできていません。

この状態でサウナに入ると過度な負荷がかかってしまい、突然めまいや体調不良に襲われる可能性があります

朝サウナを利用する際は、起床から時間をあけるようにしましょう。また利用前に軽く体操やストレッチをすることも効果的ですよ。

 

準備2:水分をしっかりとる

夜寝ている間にも体の水分は減っています。

それにも関わらず、十分な水分を取らずに朝サウナで発汗をすると当然脱水症になってしまいます。

朝サウナの前には500mlを目安に水分補給をしてから利用するようにしましょう。

 

準備3:軽く糖分をとる

空腹の状態でサウナを利用すると、血糖値の低下によるめまいや体調不良になることがあります。

これを避けるためにはサウナ前には軽く食べておくことをおすすめします。

糖分が多く、手軽に食べられるバナナやヨーグルトはおすすめですよ。

 

入り方1:いつもより短時間

デリケートな朝の体をサウナに入れてガッツリと発汗することは、「体への負荷が大きい」という意味であまりよくありません。

また先程説明した通り、朝にサウナにしっかり入ると、体力を使いすぎて昼間に眠くなるリスクが上がります

具体的に何分間がいいかはサウナの温度などによって変わりますので、普段サウナに入り慣れている方はいつもの半分の時間を意識して、慣れていない方は施設の案内に記載される時間より短めにして、早めに切り上げましょう。

 

入り方2:クールダウンをしっかりと

外気浴などのクールダウンをいつもより長めに取ってください。

朝の体は夜ほど急な変化に対応できません。サ

ウナで膨張した血管が収縮し、血液がしっかり循環されるまで、夜のサウナよりもすこし長めにクールダウンの時間をつくりましょう。

 

朝サウナがおすすめのスポット3選

東京・湯河原温泉 万葉の湯(東京)

東京都町田市にある24時間営業の温泉施設。

高温サウナと同時にミストサウナを併設しています。ミストサウナはやさしいスチームで快適にくつろげる。またシャワーは保湿効果のある超軟水でお肌にもやさしいのが特徴です。アメニティが非常に充実しており、フェイスタオルやバスタオルが使い放題です。

https://www.manyo.co.jp/machida/

豪華カプセルホテル安心お宿 京都四条烏丸店(京都)

京都府京都市に位置するこちらも24時間営業の施設。

小さいながらも50℃のスチームサウナがあり、湿度は約90%と体感以上に発汗することができます。カプセルホテルの施設ですが、もちろん男湯・女湯があり男女問わず利用可能。旅行や出張で京都に行く際にはぜひ行ってみたいスポットです。

https://www.anshin-oyado.jp/kyoto/

天然温泉 アーバンクア(愛知)

愛知県名古屋市にある朝6時から開店している岩盤浴付きの温泉施設。

名古屋では唯一となる足湯付きのスチームサウナがあるスポットです。やさしい霧と全身を温める足湯で、サウナが苦手な方でもおすすめです。もちろん高温サウナも併設されており、お風呂も源泉100%のお湯や高濃度酸素風呂、細かい泡の炭酸泉などバラエティ豊かな温泉施設です。

https://www.p-castle.co.jp/urban_quar/

 

サウナで朝からリラックスして質の良い1日を過ごしましょう

サウナで朝からリラックスして質の良い1日を過ごしましょう

サウナは夜だけのものではありません。朝にサウナを利用することでその日1日をスッキリと気持ちのいいものにし、仕事の質や効率を高めてくれるでしょう。

※他にもたくさんあるサウナの効果や影響についてはこちら『【サウナの効果総まとめ】計25項目の効果と影響をサウナプロ資格保持者が解説』をご覧ください。

※サウナのは入り方については『【サウナの入り方講座】サウナ・スパプロフェッショナルが教えるポイントを押さえた入り方とマナー』をご覧ください。

サウナにハマり「サウナ・スパ 健康アドバイザー」や「サウナ・スパ プロフェッショナル」「サウナ・スパ 健康士」の資格を取得。 サウナの利用は週に1回程度のミドルユーザーです。主に記事の執筆を担当しています。

SNSをフォローしていただくと、サウナに関する情報を随時お届けいたします。

こちらもおすすめの記事

RECOMMEND BOX SAUNA