コラム

【疲労解消のためのサウナ講座】質の良い睡眠が得られる理由と入り方

  • サウナ
  • メリット
  • 効果
  • 疲労解消
  • 睡眠
【疲労解消のためのサウナ講座】質の良い睡眠が得られる理由と入り方 idetox オンラインショップ

はじめに

最近気持ちのいい睡眠がとれていますか?

仕事の忙しさや人間関係での疲れ・ストレスが体に蓄積され、体がリラックスできていない状態が続くと日々の睡眠にも悪影響を与えます。質の悪い睡眠が続くと、翌日の仕事のモチベーションが低下したり、正常な判断ができなくなったりしてしまい余計に疲れが増えてしまうという悪循環になってしまいます。

しかし、忙しい人ほど質の良い睡眠が必要です。今すぐ仕事や人間関係から開放される方法があればいいのですが、なかなかそうもいきませんよね。

そんなときにおすすめなのがサウナです。

サウナは睡眠の質を改善することが期待できるもっとも手軽な方法です。

実際、サウナの本場であるフィンランドで睡眠に関して研究しているプトコネン(Putkonen)氏 とエローマ( Elomaa)氏は、サウナと睡眠に関する研究結果を発表(※1)しています。研究では、睡眠前にサウナを利用した人は利用していない人に比べて、深い睡眠が最初の2時間で70%強増加し、6時間で45%増加したことが分かっています。

※1:https://sauna.fi/saunatietoa/sauna-ja-terveys/sauna-ja-uni/

 

良質な睡眠につながる理由

良質な睡眠につながる理由

ではなぜサウナが睡眠の質を高めるのでしょうか。理由は大きく2つあります。

全身のリラックス

1つは体温を適度な範囲で上げることで、凝り固まった筋肉をほぐし、体の末端まで血液の循環を促進することでリラックスができるからです。

リラックスをした状態でそのまま眠りにつくことで、気持ちのいい睡眠をすることができるためです。これについてはサウナに行ったことがある方は実際に体感された方が多いかと思います。

 

脳のクールダウン

もう1つは体温の変化です。あなたの体はあなたの体温を安定させるために毎日一生懸命働いています。通常は日中に覚醒するためにやや体温が上昇し、夜間に脳をクールダウンさせるために体温が低下するようになっています。

つまり体温を無理やり低くすることで、もうすぐ睡眠することを脳に伝えることができるのです。暑い夏の夜は眠りにくかったり、寝室が涼しくて暗いとき眠りやすかったりするのはこれが理由です。

ご存知のように、就寝前に温かいお風呂に入ることは健康効果を高めるとして推進されています。お風呂から出ると、肌についたお湯が蒸発して体温が急激に下がり、体が眠りにつく状態を促進するからです。

 

サウナの利用でもまったく同じ理屈で体温を調整できますが、その効果はお風呂以上と言われています。通常、サウナを利用しているときにはお風呂に入っているときよりも体温が高くなります。そのためサウナが終わった後の体温の下がり幅がお風呂よりも大きく、より体を眠りにつかせやすくなるのです。

 

他にも素敵な効果

サウナには質の良い睡眠をもたらすだけでなく、さまざまな効果が期待できることが報告されています。ここではその一部をご紹介します。

 

健康寿命を伸ばす

サウナを使用することは、フィットネスの観点でも効果的です。

アメリカで代謝などを研究するロンダ・パトリック博士が最近発表した研究ではサウナを利用することにより、ランニングなどの中程度以上の運動と同様の効果が体の中で起きていることが報告(※2)されています。これにより筋肉量を維持し、老化の影響を未然に防ぐことができ、最終的には体の健康寿命を伸ばすことが期待されるとされているのです。

※2:https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0531556521002916

 

脳の健康を改善

サウナを定期的に利用することでアルツハイマー病や認知症のリスクが低下すると言われています。

東フィンランド大学のヤリラウッカネン博士の25年にも及ぶ研究(※3)では、週4回以上の定期的にサウナを利用する人たちは、利用しない人に比べてこれらの脳の病気のリスクが低いことが分かったそうです。実際、アメリカに拠点を置くアルツハイマー協会でも脳の健康を改善する方法として発汗を推奨(※4)しています。

※3:https://f.hubspotusercontent30.net/hubfs/17432/assets/health-benefits-library/alzheimers-dementia/Dementia-Alzheimers-Disease-Study.pdf

※4:https://www.alz.org/help-support/brain_health/10_ways_to_love_your_brain

  

腰痛を和らげる

腰痛に悩む方は一度サウナを利用してみる価値がありそうです。

おとなり韓国の江原国立大学病院で医師をしているチョ・ウンヒ氏らの研究(※5)では、ドライサウナが腰痛を軽減することが報告されています。腰痛持ちの患者さんに定期的にサウナを利用してもらうことで70%の患者が痛みが改善しただけでなく、すべての患者にデメリットが起きなかったということです。

※5:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33329780/#affiliation-1

 

サウナを利用する前に気をつけておきたいこと

疲労解消にサウナが効果的!質の良い睡眠が得られる理由

もちろんサウナを利用することはいいことばかりではありません。事前にそのリスクについてよく知っておく必要があります。

 

脱水

当然サウナ利用中は発汗するため、脱水症状になる危険性があります。そのため、サウナに入る前に水分を補給し、アルコールを控えることが重要です。

 

気道への刺激

サウナでは熱気を吸い込むため、喉や肺に刺激が加わることがあります。喉に炎症があるなど、異常があるときにはサウナの利用は控えましょう。

 

血圧の上昇または低下

通常時の血圧が正常より低いまたは高い場合は、サウナを使用する前に医師に相談することをお勧めします。サウナ利用中や利用後には急激な血圧の変化が起きるため、思わぬ不調をきたす場合があります。

 

できる人ほどサウナに行っている?

疲労解消にサウナが効果的!質の良い睡眠が得られる理由

芸能界ではダウンタウンの松本人志さんや爆笑問題の太田光さん、スポーツ界では長嶋茂雄さんやイチローさんなど多くの有名人が「サウナ好き」と公言されています。またSirabeeの調査(※6)では、最もサウナ好きが多い職業は会社経営者だとされています。ホリエモンこと堀江貴文さんもサウナ好きとして有名ですね。

このように一流の人達にサウナを好む傾向が見られるのは、やはり睡眠の質、ひいては生活の質がサウナによって高められているからなのかもしれません。

※6:https://sirabee.com/2019/07/21/20162091879/

 

サウナに入って質の高い生活を送ろう

夜寝る前にサウナに入ることでストレスを解消し、睡眠の質を高めることができます。そして睡眠の質が高くなると生産性の高い仕事につながります。筋トレやランニングのような大変な努力をせずに手軽に続けられるサウナをルーティンに組み込むことで、あなたも質の高い生活を送ってみませんか?

↓他にもたくさんあるサウナの効果についてはこちら

サウナは1,000年以上にも渡って、体を健康的にしたり、儀式に使ったりする目的で人類に利用されてきました。 長らく一部の人が使うものだったサウナですが、健康志向が高まっている現在、サウナは再び注目され、元気に長生きするための手段として多くの人に利用されています。 同時に、サウナの健康効果などの情報が様々なメディアで取り扱われるようになりました。 そこでここではサウナの「健康効果」・「美肌効果」・「影響」の3つの視点でまとめています。

↓サウナの詳しい入り方はこちら

サウナマスターになるためのポイントを紹介している。水分補給はミネラルウォーター、汗や汚れを洗い流す。サウナ室にはさっと出入りする、大きな声で話さないなど。